So-net無料ブログ作成
検索選択

後遺障害とは [交通事故被害]

交通事故で怪我をしたとき、1番心配なのは後遺症の問題です。
法律の基準にあてはめるときは後遺障害といい、普通にいう後遺症よりややせまくなりますが、意味は変わりません。
後遺症害とは、治療が終わっても完全な健康体にならず、後に具合の悪いところが残ることです。たとえば、失明したとか、腕があまり動かなくなったとかいう場合です。示談のとき心配なのは、治ったようにみえても、後で具合の悪いところが出てきたらどうしよう、ということでしょう。
そんなことのないように、怪我をしたときは、あわてて示談に応じないことが重要です。
じっくり治療してもらい、もう悪いところはなくなった、と確信してから示談をするのです。
また、示談書には「今後、本件事故が原因で後遺障害が発生した場合には別途補償する」というような条項を入れるようにした方が良いでしょう。

後遺症害等級認定

後遺症の態様は被害者一人一人それぞれ異なりますが、すべての被害者の損害を個別に算出することは困難です。そのため後遺障害を16等級142項目の等級に分類し、迅速かつ公平な処理を試みています。この分類のうちのどの等級に当てはまるか判断することを、後遺障害等級認定といいます。
自賠責保険はこの等級表に基づいて保険金が支払われます。労働能力喪失率もこの等級に応じて決められています。従って、この後遺障害等級が何級と認定されるかによって、もらう保険金額が大きく違ってきます。
自賠責保険だけでなく、任意保険でもこの等級によって支払い基準を設定します。同様に、裁判でも参考にされています。
その点で、後遺障害等級認定はとても重要といえます。
詳しくは、専門家にご相談下さい。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0