So-net無料ブログ作成

個人交渉でのデメリット [交通事故被害]

交通事故被害者の方が、ご自身で相手側の保険会社との交渉や、損害賠償請求などを行おうとすると不満を抱えてしまうことが非常に多いのではないでしょうか?

「 慰謝料の金額に納得いかない 」
「 保険会社の対応に納得いかない 」
「 後遺障害の認定に納得いかない 」

交通事故被害者の方で納得がいかない!と不満をお持ちの方は、専門家にご相談ください。

1、【 慰謝料の金額が納得いかない 】

相手側の保険会社から提示された慰謝料の金額に納得がいかないというものです。
慰謝料の増額の可能性はあるのでしょうか?

結論から言ってしまうと「弁護士に依頼することで損害賠償金額が増額するケースが多い」です。その理由を詳しく見ていきますが、まずは慰謝料の基準から見ていきましょう。

そもそも、交通事故の際の損害賠償金額は適当に決まっているわけではなく、いくつかの基準があり、その算定基準を基に賠償金額が算定されています。

●自賠責保険基準・・自賠責保険の基準
●任意保険基準・・任意保険が独自に定めた基準
●裁判所基準・・裁判所が定めた基準

自賠責保険基準が最も低く、裁判所基準が最も高額です。では、保険会社がどの基準を用いて賠償金を算出しているかと言うと真ん中にある「任意保険基準」になります。保険会社としては出来るだけ賠償金の支払いは抑えたいはずですから、保険会社基準は裁判所基準に比べて低額になります。

弁護士に依頼して示談交渉をする際には任意保険会社基準よりも高額な裁判所基準を用いて交渉をします。ご自身で交渉に臨むのと、弁護士に依頼するのとでは、この点が大きく異なります。弁護士が交渉にあたることで、弁護士費用を差し引いても経済的に有利になることが多いので賠償金の額に納得がいかないという方は、まず専門家にご相談してみて下さい。

ご自身で解決されるのと、弁護士に任せるのとでは どれくらいの差が出てくるのか?
後悔しないように、詳しく説明を聞いてからご判断されることをオススメします!

2、【 保険会社の対応に納得いかない 】

「保険会社にそろそろ治療を打ち切ってもらいたいと言われている・・・」
交通事故被害者が保険会社の対応に不満を持つことはよくあることです。
たとえ同じ症状であっても、その程度や回復の状況にも個人差があります。

しかし、保険会社は職務上、出来るだけ早く治療費を打ち切ろうとします。
まだ、症状改善の見込みがあるのにもかかわらず、症状固定を求め、治療費を打ち切ろうとしたり、その程度のけがで仕事を休む必要はないと言われてしまったりもします。

残念なことですが大量の事案を日々さばかなければなりませんので、被害者側の立場に立って細かくひとりひとりのケアをすることを望むのは難しいです。

私たちが出来ることは、適切な権利を得るために代理人として相手側と交渉をすることです。ご自身だけでは比較対象がないでしょうから、そもそも相手側の主張が正しいのかどうかの判断も難しいと思います。交渉のプロを相手に渡り合うのはかなりの精神的負担を強いられるでしょう。そんな納得いかない対応をされている時は、専門家にご相談してみて下さい。

3、【 後遺障害の認定が納得いかない 】

後遺障害認定を獲得することが出来なかった方、等級に納得がいかないという方で異議申し立てをして適正な等級に認められたケースは数多くあります。

「あの時、あ~しておけば良かった」と、後悔しないように 専門家から詳しく説明を聞いてみてはどうでしょうか? ・・・参考になれば嬉しいです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0